戻る

記録・投稿ページ

本因坊秀策生誕185周年・6月6日

2014年6月6日にGoogleの検索サイトに囲碁のロゴが表示されましたが、後で「本因坊秀策生誕185周年・6月6日」を記念したデザインと知りました。また碁石を並べたGoogleの文字とともに、秀策流の布石が碁盤に表示されていました。
 以下改めて、有名なエピソードを集めてみました。

本因坊秀策は1829年、尾道市生まれ。1837年に本因坊丈和に弟子入りし、1839年には初段の免状を得る。さらに1846年には井上幻庵因碩と対局し、有名な「耳赤の一局」もこの年に行われた。1848年、14世本因坊跡目を継承。翌年の1849年には徳川将軍の御前で対局する御城碁に出仕し、12年間で19連勝という大記録を打ち立てた。これらの実績により、本因坊秀策は現代においても史上最強の棋士と呼ばれることが多い。1862年、コレラにより死去。

秀策流のコスミ : 黒1・3・5の手で向きの異なる小目を連打する布石。多くの場合黒7手目のコスミまでを「秀策流」と称する。この手は秀策の創案ではないが、大いに活用して好成績を挙げたところから「秀策のコスミ」と呼ばれる。秀策は、「碁盤の広さが変わらぬ限り、このコスミが悪手とされることはあるまい」と語ったと伝えられる。

耳赤の一手: 井上幻庵因碩との対局、黒番の秀策は劣勢であったが、白の126手目のトビ(白▲)に対して黒127手目(図の黒△天元の一路上)が後に「耳赤の一手」と呼ばれた一手。上辺の模様を拡大し、右辺の白の厚みを消し、下辺の弱石に間接的に助けを送り、左辺の打ち込みを狙う一石四鳥の手といわれる。
対局を横で見ていた医師はこれを見て、「これは秀策の勝ちだ」と断定した。周りの者が理由を尋ねたところ、「碁の内容はよく判らないが、先ほどの一手が打たれた時に井上先生の耳が赤くなった。」耳赤の一手という名は、このエピソードに由来する。


(投稿:GreenGreen)
2014/01/26 新春囲碁大会

2014年の新春囲碁大会が、1月26日開催されました。棋力によりA、B各クラス10名ずつに別れ、各自持ち時間40分で4局対局し スイス方式で順位が決定されました。



 この日は日本棋院 関 達也2段が審判として参加されました。

Aクラス対局風景

対局のあと直ぐに関先生から要点を指導していただきました。

Aクラス優勝の塚田さん、関先生、Bクラス優勝 赤川

多くの参加者が新年会に参加しました。そのうち達進会と武闘派の対抗戦を行なおう、との話も出ました。



(投稿: 赤川)
2013/12/15 武闘派囲碁会

2013年12月度の武闘派囲碁会が、開催されました。この日は晴れでしたが、風が強く体感温度の低い一日となりました。今年度最後ということもあり20名の囲碁部員と、近くにお住まいのIBM囲碁部講師の日本棋院小松藤夫8段、奇数人数の場合参加していただいている吉田席亭も加わって総勢22名の参加でした。
4回戦終了後、今回入賞者表彰と恒例となった皆勤賞などの年間表彰があり、懇親会となりました。

3回戦、古川さんと小松先生の対局(写真手前から2列目)。古川さんの一目勝ちとなりました。

4回戦で赤川に中押し勝ちした古川さんの優勝となりました。古川さんは今年参加者中、最も持ち点が上がったとのことです。

小松先生から「強くなるためには、負けて悔しがり、負けた碁を勉強することが肝要」とのお言葉がありました。

藤沢秀行名誉棋聖直筆の色紙。「らいらい」と読み、心が大きく小事にこだわらないさま、という意味のようです。藤沢名誉棋聖は生前よくここの囲碁サロンに来られていたとのことです。



(投稿: 赤川)
2013/10/18 「アサヒ オフ」

先日囲碁サロンで、おみやげに試飲用ビールをいただきました。
昨年の3月と同じアサヒビールの「アサヒオフ」サンプルパッケージ。このときはアンケートハガキで、景品が当たりました。
今回のリーフレットは万波奈穂3段と高尾紳路9段が「勝負のあとは、おいしく乾杯!!」。 万波プロは、NHK Eテレ『囲碁フォーカス』の講師でも活躍しており、とくにマジカル手筋はいつも勉強になります。

カッカした対局の後のビールは格別。成績がよいともっと格別。負けてもそれなりにおいしい。

苦しいとよく考えず打ち込んで全部捕られる。最初からヨセていればチャンスがあった。忍耐、忍耐。

よく考えず(考えても読めないので)いつも後悔している。これが尾を引く。信念のこもった一手を心がけよう。

スッキリとした後味です。



(投稿: GreenGreen)

2013/05/12 武闘派囲碁会

2013年5月度の武闘派囲碁会が、開催されました。五月晴れとなったこの日、最寄り駅まで散歩がてら家々の花壇や道路脇の野草の花を見ながら囲碁サロンに到着。今回は19名の参加者で熱戦が繰り広げられました。

恩田さんと徳田さんの対局。勉強熱心の恩田さんが、囲碁部Aクラス上位の徳田さんに勝ちました

古川さんと高本さんの優勝に絡む対局は、激しいヨセ合いの結果古川さんが2目半残しました。古川さんは、地元町内会役員の会合のため2回戦からの参加で3連勝。

2回戦から参加の古川さんが3勝0敗でしたが、3勝1敗の高本さんが取った石数の総数が多く、優勝となりました。ここが武闘派ルールのおもしろいところです。

表彰式に続き、ビール、日本酒、ワインとそれぞれの好みのボトルで乾杯。



(投稿: 赤川)
2013/04/23 王唯任【級位者教室】最終日

王先生の「級位者教室」が4月23日(火)に最終回を迎えました。
3月から始まりました教室(全8回)もあっという間でしたね。毎回20名を超える生徒さんで賑わっていました。
初めに、王先生より4月29日(月・祝)に体験・対話型の寺社フェス『向源』開催!!のお知らせがありました。 寺社仏閣で体験ワークショップ!お寺de囲碁(王唯任/IGOAMIGO)の説明と仏教と囲碁の関わりの話があり、皆様が興味津津、聞いておりました。
今回は最終回なので前半は参加者全員を2クラスに分けて一人3手づつ打つ連碁が行われました。 途中、難解な局面となり、王先生より「作戦会議」!の、・・・休憩時間となりました。2チームは、全員が碁盤を囲んで現局面の状況とこれからどう打ち進めるかの打ち合わせを皆さん笑顔で楽しみながら行いました。

この連碁は時間の関係で中盤戦のこれからと言う処で打ち掛けととなりましたが、生徒さんたちは、碁とはいろいろなことを考えながら打ち進めていくゲームだということを再認識する上で大変勉強になったと感想を述べられてました。

後半の時間は生徒さん同士による対局です。先生方が棋譜をつけて、その場で指導を受けながらの対局が好評でした。
最終回ということで囲碁サロンより暖か〜い珈琲の差し入れがあり授業(対局)に華を添え惜しまれながらの終了となりました。 また次回もあるといいですね。碁会所で逢いましょう^^/

タイミング良く適切な指導が入ります。

王先生は4局(面)同時に棋譜をつけています!神業!!

先生との指導碁は緊張しますね。

何事も集中力は大切です。囲碁はいいですね^^


(投稿:瀧)
2013/03/05 王唯任【級位者教室】

王先生の「級位者教室」が3月5日よりはじまりました。【3・4月の火曜日(全8回)13時〜15時】
まもなく春本番。花粉に黄砂にPMと外に出るのが嫌になりそうですが、暖かい陽気に誘われて三々五々20名を超える方々が囲碁サロンにお集まりいただきました。
第一回目は和気藹藹と自己紹介をしてから始まりました。 前半の問題出題からの大盤解説、後半の会員対局とあっという間に時間が過ぎていきます。
今月号の囲碁未来に新連載で王先生の「中盤戦の攻略のイメトレ」が始まりました。 まさにその先生の講義ですね、大変解りやすい内容で、棋力アップ間違いありません^^

十数年前に当囲碁サロンの日曜有段者教室に参加していた方が勉強されていました・・・? 入門初級者に教えるのに指導法の勉強にと参加されているそうです。 私も見学させていただき、先生とお話をする機会がありましたが、とにかく入門初級の方々を大切にしているのがよく分かりました。ありがとうございました。

会終了後、十数名が対局を楽しまれている中に時間の許す限り指導している先生の姿が印象に残りました。
また次回も楽しみですね^^

実践譜の解説は有段者が聞いても勉強になります。

大盤を使い解りやすい解説と楽しい話術での講義に集中力も増しますね^^

賑やかさが嬉しいですね^^先生方が棋譜をつけて後で添削してくれます。

両ノゾキを打たれた場合どちらを守りますか?


(投稿:tomi)
2012/12/26 G-1互先リーグ

2012年12月26日、第1期名人戦G-1互先リーグ最終日を迎え最後の熱戦が繰り広げられました。
置き碁は嫌だ!互い先で勝負!
3か月に及んだ参加15名による118局のドラマが碁会所を熱くしてくれました^^
写真は吉田がY氏に挑んだ1枚です。結果は惨敗。一度も勝ったことがありません・・・
下手は大変勉強になるリーグになったことと思います。
上手は油断していると足元を掬われるという場面をたくさん見ました。まさに下克上!
碁の強さとは別に、間違えるんですね・人間だから・・・

リーグ戦結果
 ↓ ↓ ↓
1位 T.Y 様 16勝4敗 (対戦相手数10名)
2位 H.M 様 13勝10敗(対戦相手数10名)
3位 Y.U 様 9勝9敗 (対戦相手数9名)


(投稿:tetsu)
2012/12/22 達進会

今年最後の達進会が12月22日(土)開催されました。 今回の指導碁は6名。4子局で打ちました芦崎さん、小山さん、山田さん、吉田さんが勝ちまして、少し早いXmasプレゼントとなりました。 次回頂ける棋譜が楽しみですね。(拳を突き上げガッツポーズは私・指導碁ですが・・・^^v)
2009年1月から始まった関達也プロの「達進会」も4年が経ちました。指導碁も500局を超え、すべての棋譜はファイルに綴じてありすぐ見られます。 4年前と現在の棋譜を見比べると、皆さん凄く強くなっていますね。

因みに先生の指導碁の勝率は7割を軽く超えています。

会終了後、近くのお店で忘年会が行われました。和やかで楽しい会はこんな様子です。。 来年は5年目に入ります、皆で先生のご活躍を祈り、来年も宜しくお願い致します。 記念写真を撮り、お開きとなりました。

芦崎さんと小山さんの指導碁(どちらも4子局)

対局中にフラッシュ!で、気を散らしてしまいました。結果が良くてホッとしました。

記念撮影。ハイ、みんなでピース。

大きな杯をもってニッコリ^^/


(投稿:tetsu)
2012/12/09 武闘派囲碁会

今年最後の武闘派月例囲碁会が12月9日(日)18名の参加で開催されました。 今回は、お近くにお住まいでIBM囲碁部講師の日本棋院プロ棋士 小松藤夫八段にも参加いただきました。 小松プロは11段格持ち時間30分で、囲碁部員は対局終了までアルコール禁止ですが、小松プロには気楽にどんどんビールを飲んでいただくということでお願いしました。
外気温が10度前後でしたが、この日他の碁会も同時に開催されておりサロン内は熱気で満たされました。

対局後の表彰式では、今回入賞者の他に今年の皆勤賞、精勤賞など年間表彰がありました。 石田さんと石川さんが皆勤賞となりました。

続く懇親会の最後に、全員が今年の反省と来年の抱負を述べお開きとなりました。 今年最後の碁会という人もおり「良いお年を」の声も。

谷野さんと吉田席亭の対局(手前)。吉田席亭には参加人数が奇数のとき参加いただいています。

3回戦で2勝同士の小松プロと長野さんの3子局は、長野さんの勝ちとなりました。

4回戦。長野さんと谷野さんの全勝対決(一番奥)。長野さんが形勢不利でしたが、谷野さんの大石をしとめて優勝を決めました。手前は、小松プロと古川さんの対局。

懇親会での兵頭さん。「自分の囲碁教室で6人の御婦人に囲碁を教えており、継続してもらうよう頑張っている」とのこと。

2012年最終会の記念撮影。

吉田席亭も加わって。



(投稿: 赤川)
2012/10/03 取らず3目

以前こちらの囲碁サロンでの碁会のあと、「取らず3目」の話題になりました。兵藤さんが、別の碁会でコウを争っているうちに出来たそうです。そのあとのメールでのやりとりを含めてまとめてみました。

(原型). この形が「取らず3目」。
現在では、このまま終局ならばセキになります。

(1) 調べてみましょう。
黒から@と打った場合、白石を1個取れるので黒はこの時点で1目得。

白=0, 黒=+1

(2) そのあと白Aで黒石は5個取られ、更に黒B白C黒Dとなり、結果白3目得となる。

白=+5、黒=1+1

(3) 但し、白コウが有利ならば、前図白Cで、2の1に打ちコウにする手がある。コウに勝てばさらに地も付き3目得する。

白=5+3、黒=2

(4) では最初に白@と黒石4目を取った場合。

白=+4、黒=0

(5) その後黒Aに対して白Bと3目にして取らせる。

白=4、黒=+3

(5) さらに白D白Fと1目取り返す。結果白から打てば白は2目の得となる。

白=4+1、黒=3

*但し、黒がコウ有利ならば、黒6で7の左に打つ手があってさらに白は1目減る。

黒から打てば(2)図となり白3目になり、白から打てば(5)図となり白2目になりますので、白黒ともに相手に打ってもらいたいわけです。
そのまま放置して終局となった場合、昔は白地3目となり、「とらず3目」といわれておりましたが、1989年の日本囲碁規約で、セキとなりました。
セキでは白つらいので「実践解決」― 白は終局前にやっていかねばならなくなりました。

歴史:
 嘉永年間にとらず3目の形が実戦にでき、本因坊秀和が採決を依頼されて「取らず3目(打たず3目)がよかろう」と答えたと伝えられている。
 1949年の日本棋院囲碁規約の日本棋院判例でとらず3目の形は、そのまま終局すれば白地を3目と計算する。とされた。
 1989年の日本囲碁規約の死活確認例で黒の四子、白の一子はともに「活き石」で、第八条により「セキ石」とされた。


(投稿: 赤川)
2012/08/30 未経験者教室

未経験者教室も9回目を迎えました。

未経験者教室の看板がありますが、未経験者はお一人です。

「切り違いをを恐れない」をテーマに中盤戦の勉強です。

だいぶ慣れてきました^^

未経験のママが凄〜く強くなりKくんに追いついてしまう勢いです。

(投稿: tetsu)
2012/07/15 武闘派囲碁会

定例の武闘派囲碁会が梅雨明け間近を思わせる7月15日(日)総勢20人の参加で開催されました。 開始に先立ち、先ごろ亡くなった久野さんに黙祷がささげられました。
外気温が33度のなか、エアコンが効いているとはいえ、サロン内では熱戦が繰り広げられました。

2回戦終了時点で負けなしは、山口さん、石川さん、嘉瀬さん、湊さんの4人となりました。

嘉瀬さんのTシャツのバックは「石巻みんなの力ひとつに」

優勝は、浅田さん4戦全勝。3勝1敗が6人でしたが、勝ち目数で山口さんが2位に入りました。3位は、素敵なTシャツの嘉瀬さんとなりました。

懇親会で、高本さんから、韓国IBMとの親善囲碁旅行の報告がありました。高本さんはヨーロッパ囲碁コングレスの参加や、日本棋院ニューヨーク碁センターで囲碁普及員としての活動経験もあり、国際的に囲碁を楽しんでいます。



(投稿: 赤川)
2012/04/17 王 唯任五段による「級位者教室」の最終回。

2月21日から始まった王 唯任五段による「級位者教室」の最終回が、4月17日に開催されました。全8回の開催で内容は基本布石から実践的な問題まで内容の濃い講座でした。

大盤での解説がありました。

先生から棋譜が配られました。

棋譜を見ながら解説がありました。

先生からのおほめのお言葉を頂きました。

約2ヶ月間の教室が無事終わりました。今回も、囲碁サロンに残って14名の方々が更なる実戦を数局楽しんでからお帰りになりました。

2012/03/29 「アサヒ オフ」

先日囲碁サロンで、おみやげにビール缶をいただきました。
アサヒビールが新しく発売した「アサヒオフ」。万波奈穂2段の写真と、プリン体85%オフ、糖質70%オフとの説明がありました。万波プロの「自分流を貫いて」という御言葉がありがたく、囲碁とビールを関連付けての商法がうれしい。

囲碁の後のビールはおいしいが、健康が気になる人にはピッタリ。囲碁もすっきりと打ちたい。

序盤でつまずいても「自分流を貫いて」あきらめずに、「一筋の光が見える」ようになりたいものです。

飲んでみた感想は、すっきりとした味です。



(投稿: GreenGreen)

2012/03/18 武闘派囲碁会

定例の武闘派囲碁会が春の彼岸もちかい3月18日(日)総勢21人の参加で開催されました。各自持ち時間45分切れ負けで4局行い、同じ勝ち数の場合取った石目数の多い方が上位となります。投了と時間切れは30目の負けとなるので、20目以上負けていても投了せずにいるとたまに逆転する場合もあります。

4戦目、全勝対決の木谷さんと石田さんの対局。右辺で激しい攻め合いとなりましたが、石田さんの時間切れ負け。

熱戦のあと懇親会ではおいしい御酒をいただきました。長野さんから高級ウィスキーの差し入れがありました。

優勝した木谷さんの挨拶。「相手の時間切れで勝った運がよかった」と謙遜。時間管理も勝負のうちです。

高本さんが真形さんとの対局を披露。「その手はひどいね」と最高段位の長野さん。みんなで打った手を批評し酒の肴となりました。



(投稿: 赤川)

2012/02/21 王 唯任五段による「級位者教室」が開催されました。

2月21(火)王 唯任五段による「級位者教室」が、初めて当囲碁サロンで開催されました。

当日は20級ぐらいから初段近い方々まで級位者の方が16名参加されました。 女性も多く、アットホームな雰囲気でみなさん楽しみに胸を膨らませながら、開始を待っていました。
 参加者一人ひとりのユーモア溢れる自己紹介の後、まず王五段から、プロの対局の中でも級位者にわかりやすいものを選んだという1局が詳細解説されました。

その後参加者二人づつで対局者になったつもりで、大模様への打ち込み、消しの実戦訓練がありました。一人の方がまず白を持って、黒模様に入っていき、黒を持った方がそれに対応する方法の訓練です。
 数十手を交互に打ち進め、それを巡回して王五段がコメントをするユニークなものでした。

そして一段落したらまた元に戻して、白黒を入れ替えて再度打ち進めます。
 休憩を挟んで、次は同レベルの参加者同士による実戦です。王五段がこまめに回りながらそれぞれの対局に丁寧にコメントをしていきます。 実戦を少しでも多く経験し楽しみながら、棋力向上を図る目的で、こちらも参加者間で好評でした。

約2時間の教室が終わった後も、囲碁サロンに残って10名の方々が更なる実戦を数局楽しんでからお帰りになりました。

(記事・写真:瀧)

2011/12/11 武闘派囲碁会

2011年最後の武闘派囲碁会が12月11日に開催されました。今年最後ということもありいつもより多い22名の参加がありました。 12時から4回戦を行い4勝が二人でましたが、獲った石目数89目で、赤川が優勝となりました。2位は嘉瀬さんの84目でした。3位には高本さんが入りました。
 続いて懇親会が行われ幹事から今回の入賞者の表彰に続き、今年12回開催された囲碁会の皆勤賞と精勤賞の表彰がありました。 皆勤賞では埼玉、逗子、海老名からの3名も含まれておりました。
秋田の太平山純米大吟醸「天巧 無濾過生酒」の差し入れがあり、日本酒に詳しい谷野さんが「この酒は6,000円はする」といっていましたが、秋田出身の赤川がネットで調べたら6,850円でした。さすが谷野さん!  (投稿: 赤川)

席がびっしり埋まりました。立っている古川さんはいつも町内会理事会の後の出席です。

武闘派囲碁会は今回で満3年となった。

懇親会で、吉田席亭からの挨拶とプレゼントがありました。吉田席亭には、参加者が奇数の場合に参加していただいております。

今年一年を振り返っての懇親会。

ところで名人戦の確率について、話題になりましたので、嘉瀬さんのメールを紹介します。 武闘派余話・7番勝負の確率

2011/11/23 )囲碁サロン親睦大会

11月23日(勤労感謝の日)囲碁サロン親睦大会が開催されました。総勢16名の参加者により、各自持ち時間40分切れ負けで4回戦行います。
 12時15分から対局開始。最初の対局はくじ引きで決まりました。以降、勝ったもの同士、負けた者同士で対局しました。
 結果綾部さんが4戦全勝で優勝。3勝1敗が4人となりましたが、対戦相手の勝ち数を数えるスイス方式により次のみなさんの順位となりました。


1回戦終了

熱戦の様子

3回戦終了で、全勝は綾部さんと石田さん。最終4局目が全勝同士の優勝決定戦となりました。

全勝対決で石田さんを破った綾部さんの優勝。

おしくも優勝を逃した石田さんが準優勝。石田さんによると最後で見損じがあり石を取られた、とのことです。

3位に入った石川さん。

2011/10/09 武闘派囲碁会

10月度月例武闘派囲碁会は9日、総勢20名での開催となりました。
結果は横浜から参加の城戸さんが4戦全勝で同じ4勝の石川さんを勝ち目数で上回り優勝となりました。
 懇親会では、独身男性がいたことから「囲碁ガール」が話題となりました。 「囲碁ガール」朝日新聞記事
 また、林さんから大吟醸酒「南部美人」の差し入れがありました。
このお酒は、4月頃、花見を自粛しないでと被災地岩手県二戸市の五代目蔵元がYouTubeで呼びかけ話題になりました。 YouTube
(投稿: 赤川)

2011/09/25 ○●ふれあい囲碁○●

囲碁サロン向ヶ丘遊園 に於いて9月25日(日)日本棋院プロ棋士安田泰敏九段の講演会が開催されました。
安田九段は、文化庁から文化交流使に指名され、「ふれあい囲碁」の普及のために世界・国内各地を訪問しております。

子供に解りやすい柔らかい口調で語りどの子供も笑顔で聞き入っておりました。囲碁のプロになりたい子供は手を上げてと聞いたところ数人の子供が手を上げていました

オーストリア、ロシア、スイス、イスラエルなど海外での囲碁普及の経験談を、各国の教育事情などを交えて 語りました。

この日は子供教室に通っている子供たちの父兄も共に参加しておりました。ほとんどのお父さんお母さんは囲碁は知らないとのことです。

碁盤を使って問題を出しました。中央にある白石が脱出する問題。白は2手続けて打って黒は1手打てます。子供の一人が正解を出しました。

子供たちは順番にサインをもらいました。

「夢を周囲の人に話して、応援してもらおう。」と語っておりました。

2011/09/18 武闘派囲碁会

9月度月例武闘派囲碁会は18日、総勢18名の開催となりました。
結果は4戦全勝の石川さんの初優勝となりました。石川さんは幹事の一人としてもお世話になっています。藤沢湘南台から岸田さんが初参加となりました。
 懇親会では幹事の瀧さんから目外しの懸かり方について教えていただきました。いつも 中央に大模様をはられるので大変参考になりました。 (投稿: 赤川)

2011/08/21 武闘派囲碁会

日本IBM囲碁部主催の月例武闘派囲碁会が開催されました。
参加者は4局対局し、勝ち数、勝ち目数で順位が決まります。中押しと時間切れ負けはマイナス30目になります。当月はいつも指導碁でお世話になっている日本棋院小松藤夫プロ8段も11段格で特別参加していただきました。挨拶で「勝っては申し訳ないので2勝2敗ぐらいで」の通り結果2勝2敗となりましたが、2敗はどちらも半目負けで、さすがプロの技と感心しきりでした。 (投稿: 赤川)

2011/09/01 ホーム・ページ公開

ホーム・ページ公開しました。生田緑地ばら苑(旧向ヶ丘遊園内)に因んでばらのイメージとなっています。よろしくお願いします。

生田緑地ばら園

戻る